ネットの仕事をしているとずっと座ってますよね。座っているほうが腰にかかる力は大きい

立位のほうが座位よりも椎間板にかかる力が約四○パーセントも少ないということは、ちょっと意外な感じがします。しかし、座位のときは、立位のときにくらべると、体の重心線が椎間板の近くを通り、また、腰の筋肉や腸腰筋がより強く働いて、腰椎への圧迫力を増すためだと思われます。体を横にすると、腰の椎間板にかかる力は腰かけたときの約半分となります。
楽に立っているときに腰椎の椎間板にかかる力を一○○として、背もたれのない椅子に真直ぐに腰かけたときは四○パーセント増し、さらに二○度前に倒すと約九○パーセント増しの力が、椎間板にかかってきます。立位で二○度前にかがんだ姿勢でも、真直ぐの立位にくらべて五○パーセント増しの力が椎間板にかかります。さらに、一○キログラムの荷物を両手に下げて二○度体を前に倒した位置では、楽に立った姿勢のときに椎間板にかかる力にくらべて、立った姿勢で二・一五倍、腰かけた姿勢では実に二・七倍もの力が、椎間板にかかってくることを示しています。

ふだん私たちは、腰かけたり立ったりと言いろいろな姿勢で作業をしていますが、特に腰痛を持病としている人では、姿勢によって、腰にかかる力がこのように大きく変化することを知っていることは、とても重要です。椅子に腰をかけ、床の上に置いてある物を拾い上げて、作業台の上に載せるといった仕事をしていれば、腰には想像以上の大きな力が繰り返しかかっていることになるのです。

腰痛が酷い場合は整形外科ではなく、有名な田中整体院にいくことをオススメいたします。ここは最先端医療もやっており保険も適用しているので、費用的にも安く上がり、治療効果も高いです。