LPOには実験方法に基づくパターンがあります。

期限なしテスト(Open-ended experimentation)

期限なしテストでは、期間を定めず継続的にテストを行います。タイムリーに集計し、最も優れたページに変更し続けます。 

●多変量テスト

多変量テスト(MVT)では、ページ上の画像やテキストの要素の多くの種類を変更しテストを行います。たとえば、あるページにはタイトルで10個の選択肢、メインイメージで8個の選択肢、会社ロゴで15個の選択肢があると仮定しましょう。この場合、10×8×15の組み合わせのランディングページが生まれます。 コピーテキスト、レイアウト、メインイメージ、バックグラウンドのカラーを変えることにより、コンバージョン率に大きく影響し、改善されていたとすると、変更された各要素が等しくコンバージョンの改善に貢献したとはいえません。どの要素がコンバージョン率を上げるために必要なのかを選定することが、多変量テストにとっては大切な目的です。

変更した各要素が等しくコンバージョンの改善に貢献したとは限らない。どの要素が最もコンバージョンの向上を促しているかを特定することが、多変量テストの最も大切な目的の一つです。

多変量テストのメリット

・見込客の好きなものや好きなことを理解し、経験を最も有意義に利用できるアプローチ方法です。信頼性があります。

・大規模な実験や検証を行わなくても、簡単に実行可能になりました。複数のジャバスクリプトをWEBサイトに書くことで、他のベンダーが提供するツールが利用できて、テストと結果の解析を行えます。

・各要素を都度必要なときに最適なページに段階的に近づけることが出来ます。

多変量テストのデメリット

  • 多くの定量的消費者分析に見られるのは、最適な結果を得られないという危険性がある。最適な結果を得るためには、企業目的と顧客ニーズが何かを認識し、テストを行う効果の高いコンテンツを用意する必要がある。
  • 1ページの改善するため多くの労力がかかります。普通ウェブサイトを探す場合、複数のページを探すことになります。多変量テストによりその各ページを最適化するのは、現実的に難な場合も存在する。例えばeコマースの場合、購買する訪問者は通常10から20のページを見ることになる。サポートサイトなら、なおさら多くのページが見られることになります。
  • トータルエクスペリエンステスト

トータルエクスペリエンステストまたはエクスペリエンステストは、現在注目されるほど、進展中のランでいぃんぐページ最適化の新手法であり、システムによりWEBサイト全体の訪問者のサイト内の閲覧行動を解析し、エクスペリエンステストでは、ページとページの間またぐエクスペリエンスを複数用意してテストを行うことになります。トータルエクスペリエンステストのメリットとしては、単独のランディングページにとらわれず、全てのウェブ上の体験を反映して、最適化できる点が挙げられます。<LPのABテストはこちら>デメリットは2点。ひとつはWEBサイトに総合的にエクスペリエンステストを行う場所を作ることに対し、コスト面が高いこと。もうひとつは、A/Bテスト、MVLPOと比べると、テストによるが、多くの時間がかかることが挙げられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>